自分の信用情報は気になるけど…開示してデメリットは生まれない?

こんにちは!
信用情報の開示のページへようこそ。

突然ですが、クレジットカードやキャッシングの申し込みをする際には、審査がつきもの。もしもあなたが、審査の前に、

自分の信用情報に自信がない……
あらかじめ信用情報を確認しておきたい……

と考えているのであれば、
信用情報の開示請求
をすることで、自分の信用情報を提供してもらい、事前に確認することができますよ。

でも、信用情報機関に、
自分の信用情報を見せてください!
と手続きをするって、普通の人がすることじゃないですし、勇気がいりますよね?

何かリスクやデメリットがあるのでは……。
と、信用情報の開示請求を、不安に思っているユーザーはとても多いと聞きます……。
実際は、それほど大したデメリットはないんですけどね。

そこで、このページでは、信用情報の開示について詳しく説明すると共に、デメリットについてもご紹介したいと思います。
あなたが信用情報の開示に対して抱いている不安を、取り除くことができたら本望です。

▼審査なし!人気プリペイドカード「バンドルカード」▼


↓信用情報開示いらずのバンドルカードの公式サイトはこちら↓

https://vandle.jp/


信用情報の開示請求とは?


本
そもそも、信用情報の開示とは、具体的に何なのでしょうか。

クレジットカードやキャッシング、住宅ローンを利用したユーザーの、申し込みや返済状況などの記録のことを、信用情報といいます。
信用情報は、クレジットカードやキャッシングの申込みの際に、大きく関わってくる情報です。
また、信用情報は、信用情報機関に自動的に登録されるので、気づかないうちに登録されているケースがほとんどです。

そして、信用情報は、個人信用情報機関によって管理されています。
信用情報機関は、クレジットカードやキャッシングの審査の際に、保証会社に信用情報を提供します。
保証会社は、提供された信用情報を基に、ユーザーの返済能力を見極めていく、ということになるのですね。

自動的に登録されてしまうのなら、どうやって信用情報を確認すればいいの!?
と思う人もいるかと思いますが、信用情報は、信用情報機関に開示請求することで、自分の目で確認することが可能です。

日本には、3つの信用情報機関があります。

【日本の信用情報機関はこの3つ】

①全国銀行個人信用情報センター(KSC
②株式会社日本信用情報機構(JICC
③株式会社シーアイシー(CIC


開示請求の方法は信用情報機関ごとに異なります。
また、申し込んだクレジットカードやキャッシング会社によって、どこの信用情報機関に信用情報が登録されるのかも異なります。

不安な人は、3社すべての信用情報機関に開示請求をすれば問題ないです。
実際、多重債務者の場合は、開示請求を行う際は、3社すべてに開示請求を行う人がほとんどと言われています。

信用情報の開示の目次に戻る


信用情報開示の際におけるデメリットとは?


この個人信用情報機関に信用情報を開示、つまり自分名義の登録情報がどうなっているのかを確認することには、なにかデメリットはあるのでしょうか?

これから審査に申し込む人、または何かの審査に引っ掛かった時など……
確認の為に、あらかじめ信用情報を見ておきたいと考えるのは、当然の心理です。

信用情報を開示するかどうかで迷っている人は、是非参考にして頂き、今後の融資やその他カード作成などにあたってみるのも一つの手だと思います。

①情報開示には費用が掛かる

お金

個人信用情報機関に自分の個人信用情報を開示する最大のデメリットは、開示には費用がかかる点が挙げられます。
しかし、3社合わせて開示請求をしても、3000円ほどでできるので、大きな出費かと言われればそうでもありません。

【開示請求の費用一覧】

・全国銀行個人信用情報センター(KSC):1,000円(消費税・送料込み)
・株式会社日本信用情報機構(JICC):500円~1,000円
・株式会社シーアイシー(CIC):500円~1,000円


JICCとCICは、スマホやインターネットで信用情報を開示することもできます。
しかし、インターネットよりも、窓口開示のほうが開示費用は安く上がります。
どうしてもコストを抑えたいという人は、直接出向いて手続きをするほうがいいかもしれません。

なお、KSCの信用情報の開示請求は、郵送のみとなっています。

②信用情報を開示した履歴が残るが……


個人信用情報機関に信用情報の開示を要求すると
信用情報をチェックした
という照会履歴が残ることになります。

しかし、信用情報に、信用情報を開示したという履歴が残ることは、全く問題ありません。

他人名義の信用情報を勝手に覗いたのであればともかく、自分名義の信用情報を確認してデメリットになることはありませんので、安心しても良いでしょう。

いい例として、住宅ローンを組む前には、住宅ローンの金融機関側から、「信用情報の確認を取って下さい」と勧めらます。
住宅ローン審査を有利にする為に、信用情報の開示を勧めてくるわけですから
信用情報照会=審査に不利」は、まず考えられません。

③ほかのデメリットは特になし!


信用情報の開示をすることで、ユーザーが不利になるデメリットはあまりありません。
強いて言うとすれば、費用がかかり、少々手間がかかるくらいでしょうか。

しかし、3つの信用情報機関のうち、JICCとCICはスマホで簡単に開示請求ができます。
窓口か郵送のみで承っていた昔と比較すると、かなりスマートに信用情報の開示請求ができるようになり、楽になりましたよ。

信用情報の開示の目次に戻る


信用情報開示を行った方がいいケースは?

疑問サラリーマン
では、自分の信用情報を開示した方が良いのは、逆にどのような人でしょうか?
このページをご覧の方は、おおよそ理解されていると思いますが、例えば以下の属性の人です。
個人信用情報の内容が審査上ネックになる

・クレジットカードの利用実績無(スーパーホワイト⇒若年層除く)
・クレジットカードの利用実績有(事故者)
・過去にキャッシングや携帯料金の返済の延滞がある
・過去に債務整理をしている

本人属性が審査上ネックになる

・勤続年数が短い、低年収
・自営業・フリーランス・アルバイト等で不安な人


基本的にこれらのいずれかに該当する方は、一度自分の個人信用情報を開示した方が良いと思われます。
その理由は上記の項目に該当する人というのは、一般的には審査上属性が不利です。
そのため、現在の自分の状況を正確に把握してから、審査に臨むべきか臨まないべきか、把握する必要があります。

債務整理や、返済の延滞に関しては、それぞれ事故情報として登録される期間があるので、登録される期間を過ぎていれば問題はありません。
また上記のスーパーホワイトとは、クレジットカードの利用実績が無い人のことを指しています。
スーパーホワイトの場合、延滞などの事故歴が無くても、クレジットカードの利用実績が無いだけで審査に落ちる場合があります。

でも、ここまでのお話を読んだ皆さんの中には、

信用情報を開示しなくても、手当たり次第に申し込んで見れば良いじゃん!

と考える人がいるかも知れません。
しかしそれは大きな間違いです。

短期間に複数のクレジットカードやキャッシングに申し込むと、申し込みブラックという状態になり、審査の通過が見込めなくなるからです。
そのため、あらかじめ自分の信用情報を把握しておくことは、確実にクレジットカードやキャッシングに申し込むための賢い手段だと言えるのです。

信用情報の開示の目次に戻る


信用情報の改善対策の重要なポイント


自分の信用力を高めていくために、なにかいい方法はあるのでしょうか。
極端な話、ジュース1本でも良いのでクレジットカードで決済し、約定日に遅滞なく支払いを行う……
という、借り入れと返済を、延滞なくコンスタントに行うことで、自分の信用力を高めていくことができます。

とはいえ、なかなかキャッシングの審査やクレジットカードの審査に通らないよ! という人もいます。
個々の項目では、自分の信用力を上げるための対策について、僭越ながらアドバイスをさせていただきたいと思います。

Point1 キャッシング枠を0に

最初の初期審査では借入金額・借入件数を0もしくは可能な限り低くすることがポイントです。
借入件数と借入金額は、信用力に大きく影響します。


Point2 虚偽の内容を申告しない

特にキャッシング等の借入額があるのに0と記載しても個人信用情報期間へ照会をかければすぐにわかります。
むしろ「自分の借入金額すら把握できてないと捉えられ=いい加減な人物」だとみなされると審査上不利です。

また、20歳で年収800万など、あまりにも年齢とかけ離れた収入等を申告するのもNGです。
カード会社には、過去の膨大な顧客データから年齢、勤続年数、会社名、肩書から、ある程度の年収は推測できます。


Point3 クレジットカードを選定

できるだけ、審査通過の可能性が高いカードを選びましょう。
審査の難易度の高い順番で銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系となっています。銀行系・独立系が最も難易度が高いと言えます。

まずは、審査難易度が低いカードを最初の1枚として選定して信用力を付けることが非常に重要になってくると言えるでしょう。

また、人気のプリペイドカードの一つに、審査無しで発行できるプリペイドカード、【バンドルカード】があります。
このバンドルカードは、なんと審査無しで発行が可能
年齢や属性を気にせずに、未成年や専業主婦、無職の人でも発行することができるので、驚きです。
(未成年は親権者の同意が必要です)

金額を決めて、アプリでポチっと入力するだけで、急にお金が必要なときも、すぐにお金を使うことができます。
しかも、アプリでチャージをすれば、後払いが可能。翌月末までに返済すればOKなので、非常に手軽で便利です。

バンドルカードは、VISAと提携しているお店で利用することが出来ます。
カードレスのバーチャルカードなので、主にAmazonなどのネットショッピングの利用に向いているといえるでしょう。

▼審査なし!人気プリペイドカード「バンドルカード」▼


バンドルカードの4つのメリット

審査無しで発行可能。年齢・属性を問わず、誰でも作れるプリペイドカード
信用情報開示いらず。
②アプリ内の「ポチッとチャージ」でスマホでチャージ可能
③「ポチッとチャージ」でチャージしたお金は翌月末までの返済でOK
1回につき3,000円~20,000円までチャージできる。ちょっとした金欠のときに便利


↓信用情報開示いらずのバンドルカードの公式サイトはこちら↓

https://vandle.jp/



いかがでしたか?
信用情報の開示は、そこまで大きなデメリットやリスクがないことが、お分かりいただけましたでしょうか。
デメリットに関しては、あまり気にしなくて大丈夫でしょう。

信用情報の開示の目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です