借金から逃げる方法はあるの?【借金をなくしたい】

3-1_借金から逃げる方法はあるの?

借金から逃げることで生まれるデメリットとは?


生活を圧迫してしまった借金の返済に悩んでいませんか?
毎月の返済から逃げたいな。
全ての責任から逃れて自由になりたいと頭に浮かんでいる方もいますよね。

借金には時効というものがあります
銀行や消費者金融にお金を借りている場合、5年経過することで【時効の権利】を得ることになります。
とはいえ権利を得るだけのことであって、お金を借りていた相手に対して内容証明を送り【時効です】と主張しない限り時効が成立することはありません。

【借金を払わずにバックれる】というのは多くの人が考えることですがお勧めはしません。
借金を払わずに踏み倒すというのは多くのリスクを伴います。
お金を返済せずに無視をするという行為が踏み倒しであって、借金問題から開放されるとは意味が違うのです。

借金の時効は5年。たかが5年と甘く見るのは危険です!

3-2_借金の時効は五年。

たった5年、借金から逃げることで借金の時効が成立するなら楽勝だなんて思っていませんか?
過ぎてしまった5年を振り返るとあっと言う間に感じる方もいるかもしれませんね。
しかし充実した5年とは少しわけが違うわけです。
逃げるというのは、今までのように借金を返済する以上に精神をすり減らしてしまう行為だと思います。

あなたが借金をしているのは親でも友人でもなくお金を貸すプロです。
【ごめんね~もうちょっと待ってね~】
【次会うときは必ず!】なんて気軽に頼めるものではないでしょう。
プロである貸し金業者はお金を貸してその利子で商売をしているわけです。
「払えなくなりました」「そうですか」では済みません。
逃げても徹底的に探し見つけ出すことでしょう。

業者がどのように探すのかですが、まずは契約の際に記載した情報を元に電話で連絡があるでしょう。
電話番号だけではなく住所も必ず記載しているので郵便での督促も届くようになるでしょう。
まずはこのしつこくかかってくる電話を無視し、何通も届く督促を無視することになります。
家族に内緒でキャッシングしている方は、自宅ポストに届く督促状で借金がバレてしまう可能性が非常に高くなるでしょう。
連絡が取れない場合、業者の中には自宅にまで訪問し取り立てに来ることもあります。
この行為全てを無視しなくてはなりません。

この行為全てを無視できたとします。
そうなった時に裁判を起こされてしまう場合があります。
そうなってしまうと逃げ続けることは更に難しいこととなるでしょう。

借金の踏み倒しをしたいと思っている人間はよの中にあなただけではありません。
沢山の顧客を抱えている業者ならば回収業者に委託する可能性もあります。

まともな業者からの借金で借金が題材のドラマのように脅されるとか強面のお兄さんに家をめちゃくちゃにされたり、壁に理不尽な書き込みをされる。
車で連れ去られて「一括返済しろや」なんて事はありえませんが、
裁判に持ち込まれてしまい裁判所から通知がきたらもう逃げることは出来ないのです。

引越しすれば無問題なんて簡単には済まされない?

夜逃げするという方法をお考えの方もいるかもしれません。
住民票から住所を割り出して催促に来るので、引越せばいいのではないかと考えるんですよね。
しかし、この方法をとれば、借金から逃げている限り新しい転居先で住民票を移すことが出来なくなります。
住民票をたどられてしまえば業者側に住所がバレてしまいますから…
住民票の異動は義務となっており、引越しから14日以内に異動させないと5万円以下の過料という罰則を受ける可能性が出てきます。

住民票を異動しないと不便なのが、選挙権の問題・運転免許の書き換えの問題などです。
そして生活に困るほど借金に苦しんでいるのに、引越しが出来るかという問題です。

借金から逃げながら今の勤務地で働くことは不可能?

3-3_借金から逃げながら

借金から逃げる上で重要となってくる問題の中に勤務地の問題も出てくるでしょう。
なけなしのお金を使って引越したとしても、勤務地が同じなら簡単に見つかってしまいます。

長年勤め、人間関係の構築をしたり、今ある役職を借金から逃げるために捨てることは出来ますか?
今の年齢で元の職場よりも環境がよく収入が良い会社に就職することは可能でしょうか。
家族に迷惑をかけずに全てを自分の判断で決断できることは可能でしょうか。
借金から逃げる事で捨てるものが多すぎだとそろそろ感じてきていませんか?

借金から逃げるには強い精神力と費用もかかってきてしまいます。
借りたお金を返さないという後ろめたさから逃げることが出来る人は一握りだと思います。

借金の種類はいろいろなものがあるでしょう。
クレジットカードの支払い・返済義務のある奨学金・車のローンにマイホームのローンなど。

これらの債務を返済するために働き、返済している人が大半の中返済せずに逃げ切ろうとする方もいます。

5年の月日は思った以上に長いと感じるかもしれません。
そして5年の経過で時効成立と単純に思っている方もいるかもしれませんが、この5年の間に一度も【返済の意思を示さない】こと、【貸主からの催促など、債務の存在を認知する行為がなかった】ことが時効成立の条件となります。
ですから、もし4年364日目に貸主から返済の催促があった場合、その時点で時効は停止してしまいます。
そして返済催促されると、催促されたその日から数えて五年がたたないと時効が成立しなくなります。

貸金業者が時効成立まで催促しないことはありえないと言われています。
今まで述べてきたことを借金を踏み倒す方法と考えてみてあなたはいくつ実践できると思いましたか?

全てを捨てることは出来ない。踏み倒すことは不可能だ…と肩を落としているあなた。
逃げたいくらい借金生活に困窮しているはずです。

借金から逃げる事よりも借金を整理することに目を向けてみて!

3-4_借金から逃げる事よりも

正直に言います。
普通に生活していきたいと思っている方が借金を踏み倒して逃げるのは不可能に近いことです。
もう守るものもない。失う物もない。
どうにでもなってしまえと心では思っていても、この先の人生何があるかわかりませんよね。
結婚したいと思う異性があわられるかもしれない。
子供が成長するうえで借金をしなければならない状況になるかもしれない。
いくら時効があるとはいえ、そう簡単に逃がしてくれないのがプロです。

返せない借金問題で頭を抱えているのならば債務整理を検討してみてはいかがでしょうか。
債務整理は司法書士や弁護士に相談、依頼することで自分の借金問題を解決する一番良い方法をアドバイスしてもらえたり、解決するために交渉してくれます。

逃げているだけでは借金が無くなることはありません。
家族に内緒にしている借金を整理したい。
月々の返済額を減らしたい。
期限をもう少し延ばして欲しい。
自分で最大限考えられる解決策を相談してみてください。

債務整理は個人で手続をする方法もありますが、お金をケチって一人で行動してしまうことにより、まとまる話しが破談になってしまえば時間も費用も無駄になってしまいます。

債務整理に特化した事務所は沢山あり、無料相談に応じてくれるところもあります。
来店せずとも、自分の今の借金問題をどうすればいいのかという相談をメールや電話でしてみませんか。

借金問題でお金がないのに司法書士や弁護士に依頼する費用がないという方は、分割支払いや、報酬払いのところもあります。

借金問題の解決はスピードが勝負です。
実際に債務整理を行った方の中には、過払い請求によって借金が0になった人や、戻ってきたお金で費用を支払えた方、100万超えの借金の減額が出来た方もいます。
借金額、期間などによりあなたにあった債務整理の方法というのも変わってきます。

インターネットの無料掲示板では同じような問題を抱えた方が日々相談を投稿し、アンサーされていますが、全てを鵜呑みにし自分で判断するのはとても危険です。

誰にも話せなかった借金の悩みを思い切って司法書士、弁護士に相談してみませんか?
借金を踏み倒して逃げるなんてバカな事を考えずに、もっと早く債務整理をすればよかった…と痛感することでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です