自分の信用情報は気になるけど…開示してデメリットは生まれない?

信用情報

信用情報開示の際におけるデメリットとは?

クレジットカード各社、カードローン会社におけるカード利用歴や、住宅ローンの返済履歴などが保管・管理されている個人信用情報機関。1度でも借り受けた方は数年記録が残ると言われています。

この個人信用情報機関に信用情報を開示、つまり自分名義の登録情報がどうなっているのかを確認することには、なにかデメリットはあるのでしょうか?

自分の名前と、記録内容はとても気になりますよね?ましてや、何かの審査に引っ掛かった時など、確認の為に見ておきたいのは当然の心理です。

インターネット上で探している方が多い情報でしたので、今回はこのあたりの情報について記事を書いてみたいと思います。

信用情報を開示するかどうかで迷っている方は、是非参考にして頂き、今後の融資やその他カード作成などにあたってみるのも一つの手だと思います。

情報開示には費用が掛かる

お金

個人信用情報機関に自分の個人信用情報を開示する最大のデメリットは、やはり開示には費用がかかってしまう点が挙げられます。

これからクレジットカードを作ろうとしている方の場合、JICCやCICに情報開示をすることになる訳ですが、どちらも500円~1,000円程度の費用が必要となりますので、その分だけ出費がかさむことになります。

尚、インターネット開示よりも窓口開示のほうが開示費用は安く上がりますので、どうしてもという方は直接出向いた方がいいかもしれません。

・日本信用情報機構(JICC):500円~1,000円
・指定信用情報機関のCIC  :500円~1,000円
 

照会履歴は誰かに見られ、審査に影響するの?

皆様が一番知りたいところだと思います。個人信用情報機関に信用情報の開示を要求すると「信用情報をチェックした」という照会履歴が残ることになります。

この件についてネット上では「照会をした履歴が残ると審査に影響する」など書かれているものも見受けられますが、断言するとそのようなことは全くありません。

他人名義の信用情報を勝手に覗いたのであればともかく、自分名義の信用情報を確認してデメリットになるようなことになれば、それこそ問題になってしまいます。

よく言われるのが「住宅ローンを組む前には確認を取って下さい」というのは、住宅ローン審査を有利にする為の動きなのですから「信用情報照会=審査に不利」は、まず考えられません。ご安心ください。
 

クレジットカード会社が定期的に与信調査を行っている

クレジットカード会社が途上与信の一環で信用情報の照会を行っているという話は事実です。途上与信は言わば中間審査のようなもので、キャッシングやリボ払いの利用状況を見て過剰与信になっていないか?を定期的にチェックしていることを言います。

しかし、クレジット情報などを開示した記録が残っているからと言って審査を行うクレジットカード会社へもその事実が確認できますが、開示したからと言って審査上、不利になることはありません。

この時、過剰与信だと判断されれば、限度額の減枠などの措置が実施されます。人によっては、最悪カード更新されない場合もありますので注意が必要です。

カード契約後に何らかの事故を起こさないように注意を払ってください。
 

信用情報開示を行った方がいいケースは?

疑問サラリーマン
では自分の信用情報を開示した方が良いのは、逆にどのような方でしょうか?このページをご覧の方は、おおよそ理解されていると思いますが例えば以下の属性の人です。

個人信用情報の内容が審査上ネックになる。
・クレジットカードの利用実績無(スーパーホワイト⇒若年層除く)
・クレジットカードの利用実績有(事故者)

本人属性が審査上ネックになる。
・勤続年数短い、低年収
・自由業、アルバイト等

基本的にこれらのいずれかに該当する方は、一度自分の個人信用情報を開示した方が良いと思われます。その理由はこれらに該当する方というのは、審査上不利ですので現在の自分の状況を正確に把握する必要があるからです。

また上記のスーパーホワイトとは、クレジットカードの利用実績が無い人のことを指しています。スーパーホワイトの場合、延滞などの事故歴が無くてもクレジットカードの利用実績が無いだけで審査に落ちる場合があります。

さて、これらの方がクレジットカードの審査上、作成するにあたり難しい方達ですので、最初の1枚を作ることに集中する必要性があります。加えて特に多額のカード決済は必要ありません。

極端な話、ジュース1本でも良いのでクレジットカードで決済し約定日に遅滞なく支払いを行うことで自分の信用力を高めていくことが重要です。

とは言うものの最初の1枚で苦戦している方も多いと思いますので、対策について解説したいと思います。

Point1 キャッシング枠を可能な限り0にする。
⇒信用力が出来たら増枠することができます。最初の初期審査ではキャッシング枠を0もしくは可能な限り低くすることがポイントです。

Point2 虚偽の内容を申告しない。
⇒特にキャッシング等の借入額があるのに0と記載しても個人信用情報期間へ照会をかければすぐにわかります。むしろ「自分の借入金額すら把握できてないと捉えられ=いい加減な人物」だとみなされると審査上不利です。

また、20歳で年収800万など、あまりにも年齢とかけ離れた収入等を申告するのもNGです。カード会社には、過去の膨大な顧客データから年齢、勤続年数、会社名、肩書から、ある程度の年収は推測できます。

Point3 審査の通過率が高いクレジットカードを選定する。
⇒ポイント還元率、ブランド、こだわるとキリがありませんが、これらは二の次です。難易度の高い順番で銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系となっていますので、銀行系・独立系が最も難易度が高いと言えます。

まずは、審査難易度が低いカードを最初の1枚として選定して信用力を付けることが非常に重要になってくると言えるでしょう。

個人的には、最初の1枚としては消費者金融系(アコムACマスターカード)カードを推奨します。楽天カード、ファミマTカード、セディナカードなどQ&Aサイトなどで推奨されていますが、消費者金融系よりも難易度が高いのも事実です。

最初の1枚という確実性を取るためにも消費者金融系(アコムACマスターカード)カードが良いと考えます。流通系や信販系は、最初の1枚を使い続け信用力が出来たところで申し込んでも遅くはありません。

カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です