生活の必需品である携帯電話。携帯電話料金が支払えない場合はどうなる?

13-1_携帯電話料金

携帯電話の支払いが出来ない…かといってキャッシングも借入残高がない方へ

このままでは携帯電話が止まってしまう…。

…かと言ってキャッシングも複数社から借入済みで残高もない…。
もう誰からも借りることが出来ずどうすることも出来ない…。

いえいえ、そんな方こそとっておきの方法があります!
それが債務整理です!

なぜ債務整理なのかというと、キャッシングなどを利用している方の場合は、その利用金額が多ければ多いほど、借入先のキャッシング会社が多ければ多いほど債務整理で戻ってくる金額が大きくなります。

多くの方が借金を全て返済し終わり、且つ手元にそれなりの金額が残ると言われています。

つまり、携帯電話代も問題なく支払えるという訳です。

しかし…、債務整理は出来るだけしたくないという方も多いと思います。

果たしてそうでしょうか?
よく考えてみて下さい。

13-2_債務整理!

債務整理は多くのお金が戻ってくる反面確かにデメリットもあります。
そのデメリットとは、しばらくの間クレジットカードの契約が出来なくなってしまうとか、いわゆる契約系の手続きが出来なくなります。

つまり、社会的な経済面での信用が無くなってしまう訳です。

しかし、世の中には現金主義の方も多くいらっしゃいます。
クレジットカードを持たないお金持ちもたくさんいます。

なんでクレジットカードを持ってないの?と万が一聞かれた場合は、自分は現金主義なんだと言ってやりましょう。

それに、クレジットカードなんてなくても何の問題もなく生活が出来ます。

むしろ、一度借入し過ぎて債務整理をしているくらいですから、そのようなカードなど持たない方がお金の管理がしやすくなり生活も滞りなく送ることが出来るようになるはずです。

実際、クレジットカードなどの契約が出来なくなるよりももっと信用を落としてしまうのが携帯電話が止められることだと思いませんか?

もしも知り合いに電話をして、

お掛けになった電話はお客様のご都合により通話が出来なくなっております…

というガイダンスが流れたとしたらあなたはどう思うでしょうか?

おそらく【料金を支払ってない→お金に困っている】

と携帯電話が止められているだけでお金に困っていると連想してしまのではないでしょうか。

現代ではクレジットカードを持てないよりも、携帯電話が止められている方がよっぽど信用を失ってしまうことに気付くべきではないでしょうか。

そう考えると、債務整理をした方がよっぽど信用を保てる行動だと思いませんか?

勿論、債務整理をしたことは誰にも知られることはありません。
しかし、携帯電話が止められていることはあなたの周囲のほとんどの方に知られてしまうことになってしまいます。

どちらが賢い選択かもうお分かりですよね?

債務整理は以下にてお勧めの事務所をご紹介しております。

是非ご相談だけでもされてみて下さい。
ご相談だけなら無料ですから何も心配することはありません。

携帯電話代を支払う為に色々と考える前に、
是非債務整理をご検討お考え下さい。

携帯やスマホが手元にない生活を想像できますか?

携帯やスマホが手放せないという方は多いのでじゃないでしょうか。

随分前なら自宅にある固定電話から電話をする事が当たり前であり、電話で話したい本人以外が電話に出てしまって取次ぎをお願いするという文化を知らない世代の方もいるでしょう。
それによって待ち合わせをするということも無くなってしまいましたよね。
何時に●●で待ち合わせと決めたのに、待ち合わせ場所に到着しても来ない。
情報は何時に●●だけなので少し移動した隙に相手が来てしまったら…など待ちぼうけを食らうなんて事も携帯によって「今ドコ?」「ゴメン寝坊した」「なら△△に移動しておくから着いたら連絡して」というやり取りになりますよね。

メールにLINE、通話だけでなく、SNS社会という事もありスマホ依存症なんて言葉も存在しますからね。
ネットに接続してメールをしたり、暇つぶしの動画を閲覧したり音楽を聴くこともゲームをすることも可能です。
長らく会っていない友人ともネットの普及により関係が復活したなんてこともあるのではないでしょうか。

13-3_携帯の利用を

パソコンを使えないと言っている高齢者や主婦の方だってスマホを使いこなせる時代になりました。
便利でなくてはならない携帯電話ですが、私の友人は携帯料金支払いを滞納してしまったことがあります。
彼女には他に複数の借金があり、携帯料金の支払いを後回しにしてしまったのです。

そんな彼女が携帯料金を滞納して痛感したことは携帯電話がない生活がどれだけ不安かということです。

携帯が滞納し利用をストップされてしまった彼女は通話はもちろん、メールもLINEも出来ないわけです。
職場の同僚や友人、彼や家族にも連絡を取ることが出来なくなってしまいました。
メールを送っても返事が出来ない、電話をしても「おかけになった番号はお客様の…」という料金を支払っていないテンプレメッセージが流れるのです。
ああ、このメッセージは料金を支払ってないってことだなと理解しない人もいて彼女の親は失踪してのではないか、何か事件に巻き込まれているのではないかと安否確認の為に家まで突撃してきたといいます。

固定電話を引かない一人暮らしなのですから携帯がないというのは不便すぎますね。
不便という以上に周りの人間にどれだけの心配をかけてしまうのかということです。

いつも当たり前のようにネットショッピングをしていたり、誰かのSNSをみたり、路線の検索をしていたり日常生活にスマホがかけがえのないものをなっているならとっても大変な思いをしてしまうでしょう。

今回は大切な携帯電話の料金を滞納してしまった場合の影響について詳しく説明していきたいを思います。

まず気をつけたいのが利用停止予告日です。

13-4_督促ハガキが届いた瞬間

携帯電話の支払いを滞納した彼女の場合、支払い期日が過ぎてもお金がないという理由でそのまま放置をしていたのです。
すると届いたのが料金未納の督促葉書です。
督促葉書が届いた瞬間から携帯電話が使えなくなるのか?というわけではありません
督促状に記載されている利用停止予告日までに料金を納めることが出来ればいいのです。
利用停止予告日というのは支払い期限から大体一ヶ月後くらいに設定されており、コレを超えてしまうと携帯電話が利用できなくなってしまいます
インストールしているゲームやアラームなど一部の利用は出来ますが、通話、メール、ネットの全てが使えなくなってしまいます。
そして利用停止後に電話をかけてこられた場合には「この電話はお客様の都合によりお繋ぎできません」という音声ガイダンスが流れてしまい
「料金を支払っていない奴のレッテル」を貼られてしまうことになります。
借金をして後回しにしてしまうと友達が減ったなどという人もいますが、世の中にはお金にルーズな人を極端に嫌う人もいます。
携帯電話が壊れててさ~なんて携帯電話が復活してから言ってもモロばれの可能性があります。
携帯が止まって利用停止になってしまっても、すぐに携帯電話の支払いをすれば数分で携帯を利用することが可能です。

強制解約されてしまう前になんとかしたい携帯料金未納問題

13-5_二、三か月

携帯電話料金の未納に対し、携帯電話会社の措置は厳しいところが多いです。
携帯電話利用料金を2~3ヶ月滞納を続けてしまうと強制解約となってしまいます。
友人はこの強制解約になるギリギリまで支払いを滞納してしまったらしいのでかなり危ない状況です。

強制解約をされてしまった場合は最長で5年間は、どの携帯電話の会社とも契約できなくなります

携帯電話会社というのは、料金未納である顧客の情報を携帯電話会社同士で共有し顧客情報を照会することが可能ですので、きちんと料金を支払わない限りはその顧客は新しい携帯電話を持つことができない仕組みとなっているのです。

もちろん、滞納している携帯電話の使用料金を全額払えば滞納の情報は消えます。
その場合はまた契約できるようになります

強制解約されたから支払いはチャラなんて虫の良いものではありません

携帯電話の料金を滞納し続けてしまうことで強制解約となってしまいますが、強制解約された後でも滞納したという事実は消えません。
滞納した料金はしっかりと請求され続けます。
どのように督促されるのかと言いますと、携帯電話会社は、債権回収専門の会社に利用料金の取り立てを委託します。
債権回収専門の会社は、携帯電話会社にかわって、督促状や電話をかけて料金の支払いの催促をするのです。
帯電話会社は未納の料金を回収するために、法的手段を取る場合もあります。

携帯の端末料金未納者が急増している??

携帯電話の利用料金未納について説明してきましたが、もっと悲惨な結果を招いてしまう可能性があることをご存知でしょうか。

今ニュースでも話題となっている携帯電話端末の料金を滞納してしまうという事態です。

今携帯を契約すると高額な端末なら数万円してしまいますよね。
携帯の機種変更や新規契約の際に支払いは0円の変わりに本体の料金が割り引かれる分割支払いを選択している方がほとんどかと思います。
その場合は携帯の利用料金にプラスして分割で端末の料金を支払っています
分割払いの場合はクレジット契約といい、携帯電話の場合は携帯会社がクレジット会社の役割も果たしています

ということは、携帯電話の利用料金を滞納するという事=端末代金も滞納していることになり、滞納し続けてしまうとその情報は金融事故という形で特定信用情報機関に登録されてしまうのです。

一旦特定信用情報機関登録された金融事故情報は、5年間は消えてくれません。
この間、ローンを組むことやクレジットカードを作ることが出来なくなってしまいます。

株式会社シー・アイ・シー(指定信用情報機関)のデータによるとば、2012年の12月の時点で携帯電話端末のクレジット契約件数は6362万5000件で、うち滞納件数は200万4800件となっています。
つまり、滞納件数の割合は3%以上であり、100人中3人以上が携帯電話端末を滞納していることになります。

携帯電話料金の支払いが出来ない!そんな時に頼れる無利息キャッシング

13-6_無利息キャッシング

携帯電話が無くては生活できないけれど、給料日までの間どうしても払えないなんて場合もあるでしょう。
そんな時は督促を無視してしまうのはとっても危険です。
もし一時的に不足したお金を補いたいのであれがキャッシングを視野にいれてみませんか。
大手金融会社であるプロミスやアコムならば無利息キャッシングというものが用意されています。
30日間無利息で利用できますので給料が入り次第返済すれば元本のみの返済だけで済みます。
無駄な金利がかからないは助かります。

他の借金が圧迫して携帯料金が支払えないという場合なら借金を整理しなくてはなりません
司法書士や弁護士に相談することで債務整理が出来ます

債務整理の種類によっては、財産となる土地や車などを差し押さえされることなく借金問題を楽に出来る可能性があります。

相談来店だけでなく、メールや電話で出来る所も多く、相談は無料という所も多いです。
借金については一人で悩まずにプロに相談することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です