デビットカードはこうして使う!~デビカとクレカの利点と使い分け方法~

デビットカード

デビットカードとは

「デビットカード」について、皆さんは完璧に説明できますか?また完璧に使いこなすことができますか?

多くの方がデビットカードについて、ふわふわとした知識だと思いますので、ここではデビットカードについて利点を幾つか挙げてみます。

加えて、多くの方が所持しているクレジットカードについてのおさらいも説明していきますので、カードの本当の使用用途を正確に認識して頂けると幸いです。

デビットカードを解り易く説明します

キャッシュカード
デビットカードについて皆さんはどのくらいの知識をお持ちでしょうか?知っているようで、あまり詳しくは知らないという方も多くいらっしゃると思います。デビットカードを作るには何か特別な手続きが必要なのでしょうか?

デビットカードが日本で使用されるようになったのは、今から約16年前の2000年に「J-Debit」サービスが本格的に開始されたのがきっかけです。サービスの開始からかなりの年月が経っていますね。

そもそもデビットカードとはどのようなカードだと思いますか?デビットカードとは、お買い物やお食事などの際に、金融機関が発行したキャッシュカードで決済できるシステムのことです。

デビットカードが利用できる店舗でお会計時に、金融機関のキャッシュカードを機械にかざすと、自分の預金口座から自動的に決済されるシステムなのです。

高額な買い物をするときなど、金融機関のキャッシュカードだけで決済できますので、まとまった現金を持ち歩く必要がありません。

つまり「いちいち目的に応じてATMで引き出すことが不要」ということになり、使用方法によっては、非常に便利なカードであると言えるのです。

何より、クレジットカードのように事前申し込みや審査などはなく、「J-Debit」が使えるお店なら、今お持ちになっているキャッシュカードがそのままデビットカードとして使用できるのです。

デビットカードと聞くと、何か特別な申し込みをして「デビットカード」というカードを作らなければならないイメージがありますが、キャッシュカード=デビットカードということになります。

つまり、今日明日のお買い物やお食事などで、あなたが今もっている金融機関のキャッシュカードがすぐにデビットカードとして使えることになるのです。

ご存知の方は少ないと思います。やはりまだ皆さんアナログですし、わざわざATMで必要なお金を引き出す作業を行っていたと思います。

ちなみに「J-Debit」以外にもデビットカードの種類はあります。現在では大きく分けて3つのデビットカードの種類があります。

3種類のデビットカードのメリット/デメリット

デビットカードには大きく分けて3つの種類があります。日本の金融機関のキャッシュカードが、特別な手続き無しでそのまま使用できる「J-Debit」と、VISA及びJCBの国際ブランドがついているデビットカードが存在します。

それでは3種のデビットカードのメリットとデメリットをご紹介します。

J-Debit

J-Debit(ジェイデビット)とは、既にお持ちの金融期間のキャッシュカードがそのままJ-Debitカードとして使えます。J-Debitに加盟している全国のお店で、キャッシュカードで決済ができます。

■メリット
・申し込みや審査などの事前手続きの必要がなくキャッシュカードを持っていればすぐに使用可能。
・年会費なども一切掛からず手間要らず。

■デメリット
・加盟店が全国45万ヶ所と国際ブランドと比べると少ない。
(実はそれほど使用できるお店がまだ少ない)
・海外では使用不可となっている。

VISAデビットカード

VISAデビットカードとは海外でも使用可能の国際ブランドのデビットカードです。様々な金融機関が発行しており、金融機関によってキャッシュバックやポイント還元などのメリットもあります。国内加盟店数約270万店、海外加盟店数約1,930万店と幅広く利用できます。

■メリット
・海外でも使用可能。
・海外での加盟店数が多い。
・海外のATMで使用可能(現地通貨で引き出せるから便利)
・インターネットでも利用できる利点がある。

■デメリット
・銀行口座を作る際に申し込みが必要。
・年会費が掛かってしまう金融機関もある。

JCBデビットカード

JCBデビットカードとはVISAデビットカード同様、海外でも使用可能の国際ブランドのデビットカードです。様々な金融機関が発行しており、こちらも金融機関によってキャッシュバックやポイント還元などがあります。国内加盟店数約800万店、海外加盟店数約590万店と幅広く利用できます。

■メリット
・海外でも使用可能。
・国内での加盟店数が多い。
・海外のATMで使用可能(現地通貨で引き出せるから便利)
・インターネットでも利用できる利点がある。

■デメリット
・銀行口座を作る際に申し込みが必要。
・年会費が掛かってしまう金融機関もある。

このように、ライフスタイルに合わせて、自分がどのカードであればよりメリットが生まれるのかお考えの上、上手にデビッドカードを使用してください。

デビットカードの利点をもっと教えて!

おすすめカード
では実際デビットカードはどういう風に使用するのがベストなのでしょうか?キャッシュカードは持っていても、やっぱりATMで下しちゃう…という方の為に使用方法をご紹介しましょう。

例えば、ウィンドウショッピング中にとっても気に入った商品があるとします。しかしお財布には買うだけの現金がありません。近くにATMも無さそうだし…

そのような時に便利なのがデビットカードです。お財布に現金が無くても、預金口座に現金があれば購入することができます手数料も一切掛からないのが嬉しいですよね。

他のケースでも考えられます。買い物の予定があってATMから現金を引き出さなければならない場合、ATMの利用手数料が掛かってしまいますよね?

年間数十回使用すると考えてみてもATMの手数料も馬鹿になりません。そのような時は現金を下ろさずに、デビットカードを使ってお買い物やお食事をされることをお勧めします。

慣れると、間違いなくデビットカードの方がお得ですし、楽に買い物も楽しめるはずです。何より「現金を落とした!」なんて不安なことが一切無くなります。

デビットカードは金融機関の口座を持っていれば持つことが可能です。クレジットカードと違い審査が必要ありません。つまり誰でもデビットカードを作れるのです。

その為、何らかの理由により、クレジットカードが作れない方であっても、デビットカード(キャッシュカード)を作ることは可能ですし、武器となってきます。

クレジットカードよりも年齢制限は低く、多くのデビットカードが16歳以上の方なら作ることが可能です。非常に頼もしいですね。

また、デビットカードは買い物をした場合に即時決済されますので、現金で買い物をする感覚で使用することができます。クレジットカードを使用することに抵抗がある方にはお勧めです。

特に高価な買い物をする場合に多額の現金を持ち歩く必要もない為、その点でもお勧めできます。買い物好きの方であればなおデビットカードがお得なのです。

家計を管理する主婦の方にとってもデビットカードは即時決済なので、家計簿管理などもクレジットカードに比べ管理しやすいと言えますね。

デビットカードとクレジットカードはこうして使い分ける

デビットカードとクレジットカード
デビットカードについて説明してきましたが、デビットカードは思っていたよりも、気軽に持つことができ、簡単に使えそうではありませんか?

それでは、デビットカードとクレジットカードの違いとは何でしょうか?これから説明していきますのでご確認ください。

デビットカードとクレジットカードの大きな違いは、以下の点にあります。

■クレジットカードは買い物をした場合、後払いとなります。手持ちの現金が無くてもクレジットカードがあれば購入可能です。

■デビットカードは購入時に金融機関の口座から即時決済され、後払いが出来ないカードです。お手持ちの金融機関の口座に預金残高が無いと買い物することができません。

デビットカードとクレジットカードにはそれぞれのメリットとデメリットがあるようですね。手持ちの現金は無いけれど、欲しい商品などがある場合にはクレジットカードはとても便利です。

しかし、クレジットカードは現金がなくても買い物が出来るため、ついつい使いすぎてしまう心配があり、後から考えると「無駄遣い」にも繋がって行きます。

デビットカードの利点は、預金残高内でしか買い物が出来ないため、クレジットカードのように使い過ぎの心配がまずありません。しかし、クレジットカードのように分割払いシステムが無い為、支払回数は1回のみとなります。

どちらが良いのかは、本当に使う方、買う物次第と言えそうです。必要に応じてクレジットカードとデビットカードを使い分けることをお勧めします。

その前に、まずはデビットカードと、クレジットカード、両方持つことをお勧めしたいです。ケースバイケースで、上手にカードを使い分けしてみてください。

使えるデビットカードお勧め5選

デビットカードに説明して参りましたが、いかがでしたでしょうか?少しでもデビットカードについて理解が深まって頂けたのであれば幸いです。

まだ使用したことのない方、まずはお手持ちのキャッシュカードを「J-Debit」加盟店で利用してみはいかがでしょうか?

その次のステップとしては、VISAやJCBなどのカードを作って使用してみるのも一つの手段だと思います。

それではここで使えるデビットカードを紹介していきます。是非あなたに合ったカードで、より買い物が楽しめれば素敵なことだと思います。

VisaデビットTカード

スルガ銀行Tポイント支店で発行しているのがVisaデビットTカードです。Visaデビットカードと銀行キャッシュカード、Tカード、ローンカードの4つの機能が1枚になった便利なカードです。Tポイントを普段から貯めている方にお勧めの1枚です。

■特徴
・申込資格 15歳以上(中学生除く)
・永久無料
・VisaデビットTカードでお支払い200円(税込)につきTポイント1ポイントが貯まる
・Tポイント提携先でVisaデビットTカードを提示するだけでポイントが貯まる
・Tポイント支店で取引をするとポイントが貯まる
・自動繰越サービス(ローン機能)が付いている
※未成年・学生・満66歳以上を除く

三菱東京UFJ-VISAデビット

三菱東京UFJ銀行をメインバンクとして利用している方も多いと思います。既に口座をお持ちの方なら新たに口座を開設する必要もありませんインターネットからお申し込みも可能です。

カードはレッド・ブラック・シルバーから選択可能。

■特徴
・申込資格15歳以上(中学生除く)
・初年度年会費無料(23歳以下および前年10万円以上の利用で翌年無料)
※通常年会費1,080円(税込)
・ショッピングご利用金額に応じて、毎月自動キャッシュバック有り。基本キャッシュバック率は0.02%(端数切捨て)
また、入会後3ヶ月や誕生月など、条件によりキャッシュバック率がアップします。
・カードを利用して購入した物品に対し、破損・盗難などの補償をしてくれるショッピング保険あり。
・偽造、盗難カード等が不正利用された場合に、不正利用補償あり。

楽天銀行デビットカード(VISA/JCB)

ネットバンクでお馴染みの楽天銀行でもデビットカードを発行しています。楽天銀行デビットカードは種類が3種類ありVISA一般、VISAゴールド、JCB一般から選択可能です。それぞれ年会費や楽天スーパーポイントの特典が違うので、楽天でのお買い物利用状況によって選ぶことをお勧めします。ネットでのお買い物頻度が高い方にお勧めとなっています。

■特徴(VISA一般の場合)
・申込資格16歳以上
・年会費1,029円(税込)
・ポイント特典 1,000円のご利用で楽天スーパーポイント2ポイント
・盗難補償あり

■特徴(VISAゴールドの場合)
・申込資格16歳以上
・年会費3,086円(税込)
・ポイント特典 1,000円のご利用で楽天スーパーポイント5ポイント
・ショッピング保険あり
・盗難補償あり
・VISAゴールドカード特典

■特徴(JCB一般の場合)
・申込資格16歳以上
・永年無料
・ポイント特典 1,000円のご利用で楽天スーパーポイント10ポイント
・盗難補償あり

りそなVisaデビットカード(JMB)

りそな銀行がJALマイレージバンクと提携して発行しているのがりそなVisaデビットカード<JMB>です。JMBの基本機能にプラスして、りそなVisaデビットカード<JMB>限定の特典が付きます。JMBポイントをお得に貯めたい方にお勧めのカードです。

■特徴
・申込資格 15歳以上
・年会費初年度無料、2年目以降1,000円(税別)
・200円につき1マイルが自動に貯まる
・JAL便の航空券をJALで購入すると2倍の200円につき2マイル貯まる
・ご入会2年目からは毎年期間中のVisaデビットカードでのお買い物があれば500マイルプレゼント
・旅でマイルが貯まるJMB旅プラスが自動的に付いてくる

他にも、りそなグループの埼玉りそな銀行 りそなVisaデビットカード<JMB>や近畿大阪銀行 近畿大阪Visaデビットカード<JMB>から選択可能です。

イオンデビットカード(VISA)

イオン銀行もすっかり世の中に定着してきました。現在最も伸びしろのあるイオングループでもイオンデビットカードを発行しています。国際ブランドはVISAですので加盟店数も充実です。ポイント特典が多数ありますのでイオンの利用頻度の高い方にお勧めのカードになっています。

■特徴
・申込資格 18歳以上(高校生不可)
・年会費無料
・毎月20、30日の「お客様感謝デー」はお買い物代金5%オフ
・5の付く日は「お客様わくわくデー」でポイント2倍
・毎月15日「G.G感謝デー(55歳以上の会員限定)」は5%オフ
・毎月10費は「ときめきWポイントデー」でポイント2倍
・カード盗難補償無料付帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です